プロバイダーと回線会社を統一!

デザイン関係の仕事をしていますが、基本PCに向かっての作業がほとんどになり今では、PCとネット環境が整っていないと全く仕事になりません。ほとんどの作業をネットに頼っています。

今年の春先から、長年使っていたプロバイダーを止めて
so-netグループのプロバイダー”NURO光”に新しく乗り換えました。

回線は、従来通りのフレッツ・光のマンションタイプです。
今回、プロバイダーを乗り換えた理由は、プロバイダーと回線の使用料金明細が一緒なのと、その他の情報や請求書などを一括に出来る点で
決めました。支払いの漏れもなくなるので便利になりましたが、ちょうど乗り換えを考えた時期に、乗り換えキャンペーンの対象でもあり、プロバイダーの利用料金が、14ヶ月間無料になるという点にも引かれました。

まだ、数ヶ月ですが、セキュリティーに関しても、メールなどに関しても、何も問題はありません。回線の速度なども、今まで通りなので問題なく利用しています。あまり早い回線や遅い回線を経験した事がないで、

このくらいの速度で丁度いい感じです。
LANを利用しHAB経由で、数台のPCに繋げていますが、無線LANにすると仕事上に影響しそうで使用していません。これから夏になると住んでいる地域は夕方から頻繁に雷・夕立に襲われるので落雷によるルーターなどの故障で、数日間ネットが繋がらない事があるので、その点のメンテナンスにどのくらいの時間がかかるかが心配ですが。

初回の問合せのサービスセンターは、いい感じの対応だったので、あまり心配はしていませんが。

あなたもNURO光キャンペーンを利用してみては?

 

高速光回線、ケイオプティコムのeo光ファイバー。

おはようございます。今回はテーマに沿って光回線に関してお話させて頂けたらと思います。

まず、僕が初めて光回線(ちなみにeo光回線)を利用するきっかけとなったのが、パソコンをプロバイダー契約する時の事でした。ちなみに、プロバイダー会社名はケイオプティコムです。なぜこの業者さんを選んだかというと、標準工事費も無料で、尚且つ1万円分の商品券が契約時に貰えるということでした。最初契約した時は、うちの家でも光回線をつなげられるか不安でしたが、迷わず業者さんに依頼しました。

業者さんが光回線をつけに来られた時、いったいどこから回線を通すのか、というのが疑問でした。見ていると、すると業者さんはエアコンの換気フィルターのチョボをパカッとはずし、外の電線を引っ張ってきて、そこで見事に光回線を部屋まで通したのです。その時に学びました。「ああ、光回線ってこうやって皆通すんだなあ」となぜか感心したのを今でも覚えています。

光回線を通し終わった後で業者さんに光回線の事を詳しくお聞きすると、その方は「今の時代の光回線、特にパソコンの光ファイバー回線はどれも高速で動くものばかりだから便利ですよ。」と教えてくれました。光回線を通すこと、その経験自体が初めてでしたが、実際にその光回線でパソコンを使い始めました。

すると、やはり業者さんのおっしゃったことドンピシャ。その回線でパソコンのインターネットやオフィス系のソフトはサクサク動きました。光回線って何か便利だなあ、と感じました。

以上がテーマに沿った僕の「光回線」に関する意見です。少しでも皆様のご参考になれば幸いです。

光回線業者間の競争

私は阪神間在住なのですが、ここでは関西電力系列のインターネット接続業者auひかりとNTTが手掛けているフレッツ光の2つの光インターネット接続業者が頑張っている様です。

私の周囲、つまり都市部の住民の間では比較的auひかりの利用者が多い様ですが、これはauひかりが提供しているひかり電話サービスが原因ではないかと思います。

と言いますのは、このひかり電話サービスはNTTのフレッツ光のひかり電話とは違い、加入者間の通話が24時間無料なのです。
最近では、制限があるものの同じキャリア間であれば携帯電話での通話無料が実現されていますし、またLINE等のアプリを使えば異なるキャリア間での通話も無料に出来ます。

なので、固定電話であるひかり電話の通話が無料になった所でと思われるかも知れませんが、今の様な状況になる前には大きな魅力があったのです。

加えて、例えば実家の親等とやり取りをするのであれば、親子でauひかりに加入していると何かと便利な場合も多いと言うのも見逃せない点でしょう。

この様な状況ですので、上記の通り少なくとも都心部ではauひかりはフレッツ光に対して優勢を保っており、後者が優勢を保っていられるのは前者がサービスを提供できていない遠隔地等となっているのではないかと思っています。

auひかりキャンペーンマル得ガイド

回線とプロバイダー2つがついてる中国電力のメガ王に!

中国電力のメガ王は、光回線とプロバイダーの2つが一緒になっていて、セット割みたいになっていて、お得だ。
普通は料金もそれぞれ別々で支払うのだが、メガ王は、一つでいい。
だから問い合わせの時も楽だし、昔の光回線の駆け出しの頃からずっと得意としてやっていたので、安心感も違う。

どの人もよくわかっていて、問い合わせの時に、しばらく待って、また、変わって、とかいったたらい回しもない。
ヤフーなどではプロバイダー解約するときは、ものすごい作戦で来られて、絶対解約をさしてもらえない。

ほとんどの人は、電話でもきりきり舞いさせられて、あっちこっち、とんだあげくの果てに、最後は煙に巻かれ、それで終わるのである。
実際やった人はほとんどそういう。

だから、ヤフーは、会社が顧客を一回つかんだら、もうスッポンみたいに絶対に離さない。
その様はすごいとしか言いようがなく、インターネットでもよくそのことについては書き込みがしてある。

便利に使っていたので結局はそのまま。
メールもたくさんヤフーで登録した物を使ってきたので
まー、いいか、という感じになっている。中国電力は、2つがついているけど、一つ分の安い料金価格だから。

やっぱり安心のフレッツ光

最近色々な会社からインターネットのサービスが出ていますが、私はもう何年もNTTのフレッツ光を使っています。
数年前、そろそろパソコンを買ってインターネットを契約しようかと思っていた頃、家電量販店で販売員の方がお声を掛けてくださったので、説明をお願いしました。

私のような機械オンチにも非常に解りやすい説明で料金プランやインターネットの仕組みを解説してくださったので、とても安心して契約できました。

しかも、このときは、4万円の値引きサービスが受けられたため、欲しかったパソコンも大変お得に買えて嬉しかったことを覚えています。
サービス自体も、NTTがやっているものなので安心して使えます。
なかなか表示されなくてイライラしたことなど今までに一度もありませんので、割りとせっかちな私は本当に助かっています。

長く使えば使うほどお得になる割引サービスもちゃんとあるので、このご時世では有難い限り。これからもずっとお世話になるつもりです。

ソフトバンクのWifiルーター

先日私の主人がソフトバンクショップにスマホの機種変更をしにショップへ足を運んだ時のことです。
話題のモバイルWifiルーターを見つけました。

常日頃から自宅の無線LANの調子が悪く、あまり電波が飛んで来ていなかったので、Wifiルーターを検討していたグッドタイミングでした。

店員の方に聞いてみると、キャンペーン中だということでした。
モバイルWifiルータを契約すると、今同一世帯で持っているスマホの基本料金が1,000円/月値引きされるというものでした。

モバイルWifiルーター自体も100Mbの帯域があったし、自宅でも外でももちろん使えるだろうと思い迷わず契約しました。

しかし、ちょっとした落とし穴がありました。
容量制限による速度制限です。7GB分のデータをダウンロードすると速度がガクンと落ちるのです。速度が落ちた時はスマホのLTEを使用すればいいですよと言われたのですが、購入したその月からモバイルWifiルーターもLTEも7GBのデータを超えてしまい、結局月の後半には両方とも速度制限がかかる始末となりました。

いろいろ考えた結果、2年縛りがあるため解約できないモバイルWifiルーターは外出用、自宅では無線LANの引き直しを検討しています。

また、乗せられて必要のない買い物をしてしまったなと後悔しています。

外出先でのモバイルWiFiルーターの使用感

ドコモのXiをモバイルWiFIルーターとして半年ほど利用しているが、外出先や現場でもパソコンやタブレットを使う事が多い仕事をしていると、やっぱりどこでもネットに繋がるというのは、とても便利だと感じる。

私の地元では、まだまだ高速のXiエリアは一部の地域だけだが、FOMA回線での通信でも事足りるので概ね満足しているが、Xiエリアをできるだけ早く拡大して欲しいとは思う。動画の視聴などでは、やはりXiエリアの方がスムーズに再生できる。

容量制限も動画等をヘビーに見なければ、十分だと思う。私は、webで検索したりクラウド上の資料等を確認したり、書類をアップロードしたりというのが主な使い方だが、使っても月容量制限の3分の2程度しか使わない。

家でもモバイルWIFiルーターだけでインターネットを使うというなら、容量制限オーバーする事は考えられるが、外での使用だけなら十分だと思う。

ただ、もう少し月々の使用料金が安くなってくれたらと思う。ドコモなんかはNTTの光回線を契約しているならセット割引をするとか、系列会社で複数のネット回線を契約しているユーザーには、もう少し優遇した料金を設定してくれたら利用者にとってはありがたいのだが。

月額2000円以下になってくれたら、個人的には非常に嬉しいんですが、とりあえず料金以外では今のところ満足していますし、仕事にも欠かせない物になっています。

モバイルwifiについて

今、イーモバイルのモバイルwifiを利用し始めて1年半が経ちました。
電話でパソコンと一緒にwifiを貸し出すキャンペーンがあり、パソコンが使いたかったので契約しました。

もともとパソコンを利用していて、壊れてから使ってなかったのですが、NTTでBフレッツという回線を使っていました。しかし、それを解約するには撤去工事が必要になるため、継続で契約していて、wifiと両方利用料が必要なためもったいないと思いました。
wifiに完全に切り替える場合、有線は契約解除した方がいいと思います。

wifiはスマートフォンやパソコン、タブレット、電子書籍など複数の機器を使う時にはお得だと思います。

また、充電しておけば外出先でインターネットを使うことができます。
わたしは携帯電話を切り替える予定もなく、特にパソコンを外に持ち歩く予定もないので、有線で充分かなという気がします。
次回の更新の際には契約解除しようと思っています。
それは、結構頻繁に充電切れになったり、圏外やno surviceの表示が出る為です。

電源ボタンを少しいじっていると改善しますし、それでも直らないときはResetボタンをシャープペンの先で押すことで解決しましたが、有線に比べるとストレスがあります。
モバイルwifiを使う経験は積めたことは、今後、機会があれば役に立つかなと思います。